・・・沖縄発信・生きるチカラ・・・        
南風原文化センター
生きるチカラ〜福島から沖縄へ イ ヌ :スズキ ハナ
    2011年9月22日〜10月4日 カ ン タ: 鈴木 智美
時間9:00〜18:00<水曜日休館> パステル : 鈴  忠壽
            

手前:福島〜沖縄までの移動したルート


刺繍:カンタ


那覇市内松山公園内袋中上人行化碑
   

入って正面に大震災・原発事故当時の日付の入った新聞紙を下地に墨とパステルを用いて、縦2.6×5m「イノチイノルイノチ」を展示。3/11の震災・原発事故により、今までの生活が一変。あり得ない事だらけの6ヶ月。目に見えない不安と恐怖・怒りが増幅するとともに、絵も拡がる。精神的にも肉体的にも打ちのめされた思いと“生きる”について真剣に向き合った6ヶ月間の記憶を忘れさせないためにも表現。右往左往しながらも1人1人が心のささえが、こころの礎を求めて。
福島から鹿児島まで約1500km何のトラブルもなく走り続け沖縄まで連れて来てくれた、20年間乗っている車も展示。この車に皆様の思いやメッセージをお書き下さい。この一時を大切にしながら「こころの礎」を持ち、夢の設計図を思い描いて人生第2ステージの始まりです。

 福島と沖縄をつなぐ
今から400年ほど前 織田・豊臣・徳川時代に至る激しい変革期に、福島県いわき市(現)から1人の僧 袋中上人が沖縄に来流した。「誰でも念仏を唱えることによって救われる」自然崇拝・浄土念仏の素朴な鉦(かね)の音にあわせて踊る「念仏踊り」が広まり、琉球の人々によって三線と独特の音楽で現代のエイサーとなった。
経済・思想の不安に直面し恐れおののいた時、上人は万人の安堵と衣食生活の安らぎが念仏(大慈・大悲)の中にあるのだと説いた。田や畑を耕し、人と大地が一体となり耕すことを通して仏とつながろとする。大地に生まれ大地に還る。
平和の大切さを身をもって経験した沖縄と福島。遠くて近い結びつきを深く感じ、地域住民から強い意志と叫びつづける持続力、安心・安全を最優先した暮らしを足元から守らなければならない。
悲惨な思い、苦い体験を乗り越えて、より一層 祖先を敬い 生まれた土地や風習・文化を愛し思いやりと慈しみが心の平和へとつながります。念仏踊りがエイサーが、これからも世代を超え、地域を越え発信しつづけますます拡がっていくことを願います。   

  袋中上人(たいちゅうしょうにん)
生い立ちとその行跡
1552年1月29日 生家:福島県いわき市常磐岩ヶ岡
5歳で千字文をそらで覚える
6歳で中国古典である五経を唱える
7歳の時、剃髪し能満寺へ:福島県いわき市常磐西郷
16歳 如来寺にて学業に励む
20歳 専称時・円通寺へ学識、知性にみがきをかける
25歳 増上寺に精進をかさね、浄土宗の知識をつむ
29歳 浄土宗派本山 成徳寺の住持職となる
48歳 磐城平城主 磐城貞隆が苦提院に上人を迎える
52歳 中国・当時 明へ経論の教えをの願いも入明 否
上人は琉球に入り浄土念仏をともし小禄浄土を伝える。
55歳 便船にて帰国
60歳 京都三条大橋のほとりに草庵
72歳 天満宮の社壇の下に心光庵にて念仏
88歳 飯岡に:現 西方寺 寛永16年1月21日終焉
念仏の中に起き 念仏の中に眠り 念仏の中に食し 念仏の中に動き 念仏の生活
*袋中とは「きりが袋の中からあらわれる」きりを袋の中に入れておいても自然に突きや ぶって出てくる。真の人物はいまはかくれて見えなくても、やがてその徳によって世に あらわれる。

「KATABUE号」に乗る・ハナ!!(福島→沖縄→福島)




それぞれの思いやメッセージで埋め尽くされた車
努力は自分をうらぎらないカンバッテください。I Love 福島 We Love 福島。 ガンバ・チバレ・前へ!!・全力で!・ガンバレ東北・チバリヨー負けないで。 鈴木さんに会えたことに感謝・再会を楽しみに。 福島Love 沖縄。 きっといい事が有りますように祈っています。 My friend is yuichiro。 みんながいるからがんばれる。 福島だいすき、がんばってね。 過去があるから今がある、今があるから将来がある。 ピンチのあとにチャンスが来る。 前だけ見て進んでいこう。 みんなが1日でも早く普通の生活ができますように!! 原発反対!!悪いことをすれば必ず自分に返ってくる。 1日でも早く福島と日本が元気になるようみんなで頑張ろう。 まけないことが一番。 なんとかなるさ。 大丈夫一人ではない皆がついている、困ったら空を見る皆同じ空の下にいるから・・・。 聖なる場所の記憶  場所は記憶を持っている そして場所は記憶する痛みを持っている 場所は記憶をためる そして沈黙のモノガタリを語り続ける いやその語りは沈黙であるどころか 実ははっきりとした声を放っている それを開く耳 その声を聴き取る耳が必要なのだ 場所の大記憶庫 開いていく耳が・・・鎌田東二「聖なる場所の記憶」あなたのいる あなたのいたその場所 そこに あなたのすべてがある 生きた場所 生活したところ 辿った場所 ここに来てくれてありがとう。 きっといい事が有りますので負けないで!! 生きるってすばらしい。 自然を大切にしよう。 この出会いに感謝 !!必ず復興する。 結で絆。 ぜひ また沖縄に戻ってきて下さい!私もいつか福島へ行きます「生きる力」を信じて。 いつでも沖縄に来てください 沖縄に元気をありがとう!  OPEN 戦争が無ければ生きていた青年たち。 命こそが宝なのである。 天に従え。 つらい事はいっぱいある あるけど頑張って下さい。 イチャリバチョーデー!! どなに迷っても最後にこれだと思ってつき進んでください。 無強福 七福神 恵比須・大黒・布袋・福禄寿・毘沙門・弁才天・寿老人。 青い空 海のかなたに幸あれ ガンバレ。 御縁・最高・これからこれから。 平和は命はぐむゆたかな物。 ○は戦争の無いゆたかな印。 命ど宝(命こそ宝) たくさんの悲しい事があったと思います でも その中に出会に嬉しさもあれば幸いです。 1人のささやかな声があつまれば大きな力 希望になる。 便利さ追求したくらしを変えよう 原発いらないくらしに戻ろう。 内閣総理大臣もふつうの人もかわらない人間なのである。 みんな平等じゃなくちゃおかしい 人類皆弟姉妹!!マケルナ みなでがんばろ。 心から早い復興お願います。  沖縄から応援しています。  心は一つ。 沖縄にはほんとうの空がありました。福島にはほんとうの空がなくなってしまいました。原発反対。  福島と沖縄はある意味で同じ立場にあります。 がんばって生きましょう!!  わったーどうしぐわーどー!! また、あちゃーやー。 ようこそおきなわへ・なんくるないさー・にふぇーでーびる・一歩前へ。 ーカニステル好きな鈴木夫婦ー 2人の笑顔とたのしいおやべり、また会いたいな〜!!マンゴー仲間。 人は生かされています 福島も必ず復活します。 がんばれ東北 頑張りましょう子供達の為にも 人は人に支えられて生きている。 FUKUSHIMA←→OKINAWA SEE YOU AGAIN myway!!Fight。 人生の宝それは宝石などではなく家族や友人そのものなのだ。 福島の空、人の温かさ自然が大好きです。芸術の力強さすばらしさを感じました。美しい作品をありがとう。   日々鍛錬・人は人に支えあって生きている。 かんむりわしのように・・・!はばたけ福島!!  オジィーもオバーもチバリヨー。 よくがんばった ありがとう。 命がすべてです。 命をつないでくれてありがとう。 忍ぶ忍ぶや誰かん忍ぶ・・・脱原発皆が願う。 誰かのためにがんばろう 心・人・愛。 おトクなオール電化、有名人の名がズラッと並んだ原子力の新聞広告・安全安全安全・・何かヘンだ、何かおかしいと思いながら でも深く考えることを避けてきました。何不自由なく育ってきた私にどこまでガマンができるのか。私の父母、祖父母が苦労して手にいれてきた水や食料、今 簡単に手に入るイロンなもの・・・便利な生活とひきかえに また汗をかくことが私にできるだろうか ビンボーに耐えられるだろうか・・・自信はないけど、あの日以来 覚悟はできています。原発はいらない。 チョッパー  チバレ!! 負けるな!!  生かされていること 今 考えながら前進む。 前を向いて歩いていけば必ずなにかがついてくる。 努力はかならずむくわれる。 かんばれフクシマ!よりそうオキナワ。 くわ(子)うまが(孫)む為。 乗り越えられない試練はない、覚悟をもって生きよう。 雨にも負けず風にも負けず。 いちゃりばちょーで、出会えば兄弟!!制御できない原発 共存できない原発、原発のない日本 原発のない世界、自然を守れ 命を守れ。 みんながいるからがんばれる。 くさのこびと・きのこびと・セミをたべたこびと・よるにいるこびと こびともひとも はぶも ゆたかなしぜんとともに。  I LOVEふくしま。 長崎へようこそ!!  一日も早い開廊を!!応援しています。 おかえりなさい。 心を強く。  同じ空の下に生きる者同志。 しっかりと生きていこう これからも!! 前を向いて一歩前進。 会えて良かった また一緒にガンバリましょう。 元気にがんばっていきましょう 会えてよかったです。 福島がフクシマになった日  ゆっくりとやろう。 創芸工房ふっかつ。  いわきがんばれ  未来を信じて再生を祈る  共に歩む  日本中、世界の人が福島の苦しみと美しさを知ることを心より願っています。 再生ギャラリー:文化こそが人々の支えだ。                           


TOP        NEXT